【体験談】メゾネット物件のメリット、デメリットを紹介する。

更新日:

メゾネット賃貸の部屋

家探しをしていると、メゾネットタイプの物件に出会うことがあります。つまり、アパートやマンションにもかかわらず、部屋の中に階段があるという「2階建て」のつくりになってる物件です。

 

僕のいままでの賃貸アパートとマンションの歴史を振りかえると、いくつかメゾネット物件を見てきてるんですよね。実際に2、3年ほど住んだこともありますし。それらの経験をふまえて、メゾネット物件ってぶっちゃけどうなのよ?ってのを書いていくことにします。

これから物件さがしをする方、メゾネットに興味がある方の参考になれば嬉しいです。

 

メゾネットとは?

万年筆とノート

まずここから説明します。

メゾネットは元々フランス語で小さい家を意味しますが、日本ではアパートやマンションの部屋内が2回建て構造になってる状態をさします。つまり、ひとつの部屋なのに中には階段があり、下の階と上の階が分かれてるわけです。

 

一軒家のようですが、メゾネットはあくまでもアパートやマンションに使われる言葉です。

たんに天井を高くして作ったスペースのロフトとも構造はちがい、メゾネットは上下階がしっかりとした部屋になっています。

ロフト=屋根裏部屋メゾネット=上下それぞれが独立した部屋といった感じ。

 

それとロフトは「はしご」でのぼって中腰にならないといけない小スペースなのに対し、メゾネットは階段がついてます。メゾネットのイメージとしては2階建ての一軒家がアパートに入ってるようなもの。分かりづらいかな…。

 

おしゃれ度満載ですが、冒頭の写真のようなつくりです。ただ実際には木造物件で階段は端っこについてることが多い(六本木やお台場などの高級物件では、コンクリート造でもメゾネットの物件はそれなりにあるのかもしれません。チェックしたことがないのでわかりません…)

 

メリット、デメリット

綺麗な夜空

それでは、僕が感じたメリットとデメリットを書いていきます。

ちなみに僕の感想は、小学生のときに家族で数年にわたって住んだメゾネット物件1ヶ所(間取りは3LDKだったかな)、彼女と同棲するためにネットで探して内見もした物件5、6ヶ所、友達が住んでるメゾネット物件1ヶ所、から感じたことになります。

 

メリット

  • 開放感がある(天井が高めに作られてることも多い)。
  • 下と上の階で気分がガラッと変わるので、趣味や勉強に集中できる。
  • 彼女との同棲やルームシェアでも別の部屋にいるみたいにプライベート感がある。
  • 寝室が2階だと入り口からは見えない&遠いので気分がいい。
  • 赤ちゃんや子どもがいても上階をうまく使えば下の住人への騒音が気にならない。
  • 2階分があるのでバルコニーの数が多い。そのぶん室内も明るくなりやすい。

 

僕は彼女が外国人だったこともあり同棲に不安を抱えてました。とくに彼女の母国では結婚前の同棲はタブーとされるため、罪悪感もあったんだと思います。

 

そうした理由から、メゾネットじゃない普通のアパートだと窮屈になる気がしたんですよね。僕と彼女お互いに。だから最初はメゾネットで家探しをしました。

 

メゾネットは良くも悪くも上下階で、物理的な距離感だけじゃなく気持ち面でもプライベート感がでます。それで、まずはメゾネット物件を探してみようとなったわけです。で実際に内見すると想像通り、アパートに同棲するというヘビーな感じではなく、一緒に住んでるルームシェアのような感覚でした。

 

なのでメゾネット物件でいいとこを探して住みたかったんですが、ここで大きな問題が発覚。もうね、とにかくメゾネット物件は数がすくない!!!

少ないなんてものじゃなくて通常の検索だと数千件は物件がならぶような条件下にメゾネットを入力して検索すると、もうそれだけで1ケタにまで物件がしぼられるレベルです。

 

その中からいい物件が見つかればよかったものの、内見した物件は条件が合わずに断念しました。

 

デメリット

  • 物件数がものすごく少ない。
  • 木造物件が多いため、騒音が気になる。
  • 階段からの転落リスクがある(これは一軒家も同じ)
  • 冷暖房の効率がわるく光熱費が高くなる。

 

デザイナーズ物件のような、メゾネットだから家賃が相場より高い、ということはありません。駅近や新築なら高くなるし、築年数が古い物件なら安くなります。

 

僕が感じるいちばんのデメリットは騒音の問題で、隣人のいびきが聞こえたり、階段をのぼる音が聞こえるのは日常茶飯事でしょうね。たまたま内見してたときに「バタバタバタ!」とすごい音がしたかと思ったら隣の家の子どもが階段を駆けあげる音だったことがありました。

 

メゾネットに住んでる友達いわく、いびきも毎日きこえてくるようです。さすがにもう慣れたみたいですが…。

 

僕にとって、賃貸アパートやマンションを探すときの大切な条件のひとつは「まわりの音」があまりしないことなので、木造じゃなくコンクリートのメゾネットを探したことがあります。

 

さほど相場より高くない値段で1件だけあって内見したものの、音は大丈夫でも日当たりや部屋の汚さからパスしましたよ。ま、コンクリート造(RC、SRC)のメゾネットでも根気よく探せば見つかる可能性はあるということでしょう。

 

メゾネットは魅力的とはいえ、運が必要

アパートのドア

以上、僕が実際に住んで、内見して、友達の家で見て感じたメリットとデメリットを書いてみました。

 

メゾネットは一軒家に近い雰囲気をアパートやマンションで味わえるので人気です。にもかかわらず物件数は極端にすくないので、長期戦を覚悟して探しつづけるか、いまあればラッキーという気持ちでメゾネット以外の物件ふくめて探してみるか、そのどっちかだと思います。

 

わざわざ町の不動産屋さんに行っても紹介される物件は限られる(または全くない)でしょうから、こういうときは下記のようなネットの不動産屋さんを利用すると手間がはぶけて便利です。

どの不動産屋さんがいいか迷ってない?おすすめのネット不動産屋ランキング!

日差し

お部屋探しで不動産屋さん選びは大切です。

とくに最初に利用するインターネットがその後の良し悪しを左右します。

そこで、いままで20回以上にわたり引越しをしてきた経験から、後悔しないためのオススメサイト(ネットの不動産屋さん)を3つ紹介します。

それぞれの特徴をまとめましたので、いっしょに見ていきましょう!

1位 door賃貸

国内最大級のお祝い金がもらえる賃貸情報サイト。

掲載数は約500万件で、大手7サイト(スーモ、マイナビ、アパマンショップ、エイブル、レオパレス21、centry21、ハウスコム)の物件をまとめて検索可能です。

さらに入居が決まると最大10万3千円もらえるので(キャンペーン中は増えることもあり!)、気にいる部屋があればお得です。

まずはここで探してみるのが王道です。

2位 ietty(イエッティ)

チャットで部屋探しできるのが、このiettyです。

  • お店に行く手間がはぶけて、より多くの時間を部屋探しに使える。
  • 夜11時までOK。仕事帰りにも時間がとれる。
  • チャットでのやり取りのため気軽。
  • 気に入った部屋があれば、内見は現地で待ち合わせ。

お店に行かずにプロの提案を受けられるため、忙しくて時間がない人、部屋探しを面倒だと感じる人にオススメです。

door賃貸で部屋を探しつつ、同時にiettyでプロに部屋を探してもらうと、素敵な部屋が見つかる可能性は高まります。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都が対象エリアです。

3位 スマイティ

価格.comと食べログの「カカクコム」が運営する不動産情報サイト。
契約すると最大1万円のお祝い金がもらえます。
気になる物件があれば問い合わせてみるといいでしょう。

まとめ

いつも不動産屋に行くのは大変なので、インターネットを上手に使うことが面倒な部屋さがしをスムーズに進めるコツです。

はじめて部屋さがしする人はもちろん、お店に行ったけど気にいる部屋が見つからなかったり、他のサイトを試したけどうまくいってない人こそ、色々とやってみるのがいいですよ。

-メゾネット

Copyright© mooove , 2017 All Rights Reserved.