新築・引越しの贈り物、お祝いには何がいい?タイミングとマナーと相場。

投稿日:

引越しのお祝い

結婚や出産、就職や転勤、人生の節目のイベントに引越しはつきものです。

そしてあたらしい門出にはなにかしらお祝いの品を送りたくなりますね。

でも具体的になにを送ったらいいか悩みませんか?

 

そこで僕のまわりでも引っ越す友人がいたので、せっかくなのでどういった贈り物がいいのか調べてみました。

 

どうやら守ったほうがいいマナーもあるようなで、そのあたりも書いていきます。

悩んでる方の参考になれば幸いです。

 

引越しのお祝いには何がいい?

あたらしい生活は何かとお金がかかるもの。だから実用品が好まれるようです。

 

商品券、カタログギフト、現金、食器、食品、お酒、洗剤、キッチングッズなどなど。

 

もし何を送ったら悩むようであれば、じぶんが相手の立場だったら何がほしいかを考えてみましょう。贈り物での大切な考えかたですね。

 

ぼくだったらやっぱり白状ですが、商品券や現金だと新居で必要なものを自由に買えるので嬉しいかなと。

ギフトカタログも選ぶ楽しみがあっていいものの、実用性といった点では劣るかな。ほしいと思う商品がない場合も多いので・・・。

 

ちなみに引越し祝いを現金でわたす場合、3千円から1万円といったとこが一般的のようです。

相手との関係性にもよりますが、現金も気持ちの現れです。ピン札で5千円を用意しておけばいいのではないでしょうか。

 

身につけるものもアリ

どうしても贈り物は相手のセンスに依存する部分が大きいのでせっかくお祝いであげてもタンスの肥やしになるようじゃもったいありません。

 

気心知れてて相手の好みがわかるなら、時計やバックといった、ふだん身につけるものも素敵だと思います。

 

相手のほしいものをさりげなく聞ければベストですかね。素直になにがほしいか聞いちゃうのもアリかも!?

あとは自身で判断ください。

 

火を思い起こさせるものはダメ

それと引越し祝いでタブーとなるのが、火を連想させるもの。

相手が喫煙者だからといって、ジッポやライターなどを選ぶのはやめておくのが無難でしょう。

 

結婚式で「ハサミ」や「切る」といったのを連想させるものが好ましくないのと一緒ですね。

火事をおもい起こさせるものはやめておきましょう。

 

引越し祝いを送るタイミングは?

新居の場合は引越してから2週間以内にとか、中古住宅の場合はバタバタと忙しくなるので引越し2週間まえまでにとか聞きますが、そこまで気にする必要はないのではないでしょうか。

 

どっちみち引越しまえはなにかと忙しいでしょうしね。

 

引越し先でのお披露目パーティみたいなのがあればそのときに持参するとして、会う機会がないのであれば引越してからそれほど遅くならない期間(やはり2週間ぐらい)に到着するようにしとけばいいと思います。

 

引っ越し先では気分一新リフレッシュしてるでしょうし、どんなものであれ、気持ちのこもった贈り物は嬉しいもの。

 

たんに商品をおくるだけでなく、一言だけでもメモか手紙を添えとくと一層喜ばれることでしょう。

どの不動産屋さんがいいか迷ってない?おすすめのネット不動産屋ランキング!

日差し

お部屋探しをする上で、不動産屋さん選びは大切です。

とくに最初に利用するインターネットがその後の良し悪しを左右します。

そこで、下記の点を参考にオススメのネット不動産屋さんをまとめました。

  1. スマホで気軽に探せる
  2. ほかに比べて面倒ではない
  3. 時間を節約できる

ぜひ参考にしてみてください。

-雑談

Copyright© mooove , 2017 All Rights Reserved.