都心の家賃は高いので、固定費を減らしたいなら郊外や地方も検討を。僕の場合は家賃が半額以下になりました。

更新日:

地方都市 画像

日々の支出で一番大きいのが家賃です。バカにならない金額ですよねぇ、倒産やリストラに会うリスクが蔓延して収入が安定しづらい今、固定費を減らすことは大切です。

 

だったらいっそのこと都心から離れることも選択肢のひとつとして検討してはどうでしょう?ぼくは生まれてから33年間、郊外の青梅市というところとはいえ、東京都でずっと過ごしてきました。

 

青梅 ⇒ 町田 ⇒ イギリス ⇒ 淵野辺

⇒ 錦糸町 ⇒ ロサンゼルス ⇒ 北千住

⇒ 練馬 ⇒ 北千住 ⇒ 梅島 ⇒ 調布

 

といった具合いです(関東に住んでない人は地名をみてもピンとこないでしょうが・・・)。これ以外にも1ヶ月単位をふくめたら海外がいくつかありますがそれは割愛してます。

東京を離れて名古屋へ

上記では調布を最後にしてますが、今年の3月に東京をでて名古屋に引っ越しました

 

国内では東京以外のとこに住むのは初めてとなります(正確には、町田じゃなくて相模原で神奈川県なんですが、最寄駅が町田だったのでそう記載しました)

 

もう理由は単純で、東京の家賃の高さがもったいない気がしてしまったからなんです。個人事業でオーガニックコットンをつかたTシャツプリントを生業にしてますが、どうしてもそれだけじゃ生活できるレベルにならなかったんですよね。

 

それでどうしても固定費を下げたくて調べると、東京はもちろんのこと、首都圏は家賃が高いことがわかりました。ネット通販での販売がメインで場所にとらわれることもないし、べつに東京にいる必要もないな・・・そう考えました。

 

群馬や栃木あたりなら関東圏でも家賃が安いものの、原発の放射能が多いとか少ないとか噂を聞くので選択肢から除外、それで東京へのアクセスもいい場所を選んでいき今の名古屋になりました(静岡といった選択肢もあったんですがね・・・)。

郊外の家賃が安い 

実感として名古屋だって都心は高いですよ、そりゃみんな通勤時間を減らしたいし、利便性がよくて治安のいいとこに住みたいでしょうから、人気エリアはそれなりの価格になります。

 

ただちょっと離れただけでもう家賃の下落がすごい!

東京じゃ考えられないほど安い物件がいくつか見つかりました。東京じゃぼくらは洒落たデザイナーズマンションに住んでたこともあり、名古屋に引っ越したいまでは家賃が半額以下です。

 

しかも前とは違い「コンクリート打ちっ放し」じゃないので、光熱費が雲泥の差。家賃プラス光熱費であれば、もう半額どころか3分の1ぐらいまで固定費を削ることに成功しています。

 

生活レベルを落とすことに最初こそ若干の抵抗があったものの、やはり金銭面で余裕を持つのは大切ですね。稼ぐためのプレッシャーは格段に減り、心にゆとりをもった生活ができるようになりましたよ。

 

もしみなさんも都心で家賃の高さにウンザリしてるようであれば、地方への移住とまでいかなくても、お試しで引越してみるといいかもしれません。

なにも近くにコンビニやお店がないド田舎じゃなくても、それなりに安くて良い物件がみつかります。

 

ぼくの家は住宅街で、コンビニやスーパーまで徒歩3分、おしゃれなお店が集まるエリアまでも自転車で10ぐらいで行けますよ。

 

どの不動産屋さんがいいか迷ってない?おすすめのネット不動産屋ランキング!

日差し

お部屋探しをする上で、不動産屋さん選びは大切です。

とくに最初に利用するインターネットがその後の良し悪しを左右します。

そこで、下記の点を参考にオススメのネット不動産屋さんをまとめました。

  1. スマホで気軽に探せる
  2. ほかに比べて面倒ではない
  3. 時間を節約できる

ぜひ参考にしてみてください。

-アパート探し, 雑談

Copyright© mooove , 2017 All Rights Reserved.