マンションの共有スペースが見渡すかぎり煙だらけに。火事かと思いきや原因は意外なものでした。

更新日:

モクモクとでる煙の画像

 

てっきり火事かとおもい救急車を呼ぼうかとさえしました。土曜日のまっ昼間、すこし予定の時間に遅れ気味だったので急いで身支度をして靴はいてドアを開けました。

するとなんと、

 

マンションの4階がまるまる煙につつまれて真っ白に・・・

 

ここは4階建てのこじんまりとしたマンションでその階に5世帯ほどしか住んでいません。

しかも非常口のドアは閉まってて、換気用の穴もどこにもない。

もうね、ほんと真っ白でアタマはパニック状態だけど、もう急いでますからね、とにかくエレベーターの前までたどり着いて悩んだ挙句、そのまま出かけることにしました。

 

というのも、一面が煙に包まれてるものの、なにかが焼けた匂いはいっさいしませんでしたし、よくみると隣の部屋の入口がちょこんと開いてたんです。あのフック状の内鍵が閉まった状態で。

 

「…想像つきますかこれ?なにが起きてるか。」ぼくはピンときましたよ。

害虫駆除のバルサンではないか 

おそらくですね、ゴキブリや害虫駆除のバルサンを焚いてたんじゃないかな、と。ものすごい量の煙で害虫を一匹のこらず駆除するってやつ。

これであれば匂いがあまりないわりに煙の量はすごいですし、ぼくも一時期つかおうとしてたので気持ちがよくわかります。

 

本来なら十分に換気した状態で使わないといけないのに、おそらく部屋の窓とドアをちょっと開けただけで使ってしまったのでしょう。

それで本人もまさかバルサンがあそこまで強力で、しかも入口外のマンション共用部分にまで広がるとは考えてもいなかったんじゃないでしょうか。

数時間で消えたので安心しました 

いや〜、それにしてもドアを開けた瞬間は怖かったですけどねぇ。ほんと火事の現場に出くわしたんじゃないかと・・・。

 

それで案の定でかけてから数時間後に帰宅したら、煙はすべてなくなってました。

非常用のドアと窓が開いてたので、そのバルサン住民かわかりませんが、とっさに開けたのでしょう(ぼくにはその判断ができなかった・・・)。

 

…なにもない笑い話ですむからいいものの、もしあれが火事だったら僕は瞬時に救急車を呼んだりといった判断はできてたのでしょうか

匂いがあったり火の手がみえたら余計にテンパりそうですからねぇ。

 

その一瞬一瞬のそうした判断が生命にまでかかわってくるでしょうから、冷静に対応したいものです。

そうした意味ではこの出来事でちょっとした危機意識をもつことができたのでよかったのかもしれません。訓練みたいなもんですね。

どの不動産屋さんがいいか迷ってない?おすすめのネット不動産屋ランキング!

日差し

お部屋探しをする上で、不動産屋さん選びは大切です。

とくに最初に利用するインターネットがその後の良し悪しを左右します。

そこで、下記の点を参考にオススメのネット不動産屋さんをまとめました。

  1. スマホで気軽に探せる
  2. ほかに比べて面倒ではない
  3. 時間を節約できる

ぜひ参考にしてみてください。

-雑談

Copyright© mooove , 2017 All Rights Reserved.